東村山市の不動産鑑定のご相談は神奈川鑑定の不動産鑑定士が承ります。

東村山市の不動産鑑定のご相談は神奈川鑑定の不動産鑑定士が承ります。東村山市(ひがしむらやまし)は、神奈川鑑定(通話料無料フリーダイヤル0120-554-574:横浜市)の不動産鑑定評価業務、相続税申告、相続税還付サポート業務、財産評価基本通達24-4に関する広大地判定業務における営業最重要都市の一つである。東京都の多摩地域にある市。高田馬場駅まで西武新宿線で最短22分という地の利から、ベッドタウンとして開発が進められた。市域は象の頭部を正面から見たような形をしている。武蔵野台地のほぼ中央、狭山丘陵の東縁に位置する。市内を流れる川(空堀川・野火止用水など)は荒川に注ぎ、多摩川に注ぐものはない。

空堀川は台風が来たときなどの大雨が降る度に溢れそうになるほどの水量となっていたが、流路の変更(直線化)、川幅を広げる等の大規模な河川改修工事が完了し、その一部は親水公園となっている(かつて川から水が溢れて、川に隣接する大岱小学校の校庭が水に浸かったことがあった)。

当市の出身者でコメディアン、俳優の志村けん(代表的ギャグ:アイーン、だっふんだあ、カラスの勝手でしょ、宮崎美子、難しいなあ等)の『東村山音頭』によって全国的に市名が知られることとなった。その中にも出てくる多摩湖(村山貯水池)はほとんどが西隣の東大和市にあるものの、新宿副都心開発により閉鎖された淀橋浄水場の代替地となった東村山浄水場があり、多くの東京都民が恩恵にあずかっている。

市の西部に狭山丘陵の東の縁があるが市域の大半は武蔵野台地の平坦な土地である。江戸時代の初めに幕府の老中、松平伊豆守信綱が掘らせたことから伊豆殿堀とも呼ばれる野火止用水や狭山丘陵から流れ出している空堀川から水利を得て、畑作が盛んなところだった。市域には旧石器時代からの遺跡が分布し、縄文時代には笹塚遺跡をはじめ縄文中期の集落遺跡が数多く分布し、縄文後晩期では下宅部遺跡の存在が知られる。弥生時代の遺跡は皆無で、古墳時代には後期集落は見られるものの、古墳の存在は無い。

律令制下では武蔵国多摩郡に属し、奈良・平安時代の遺跡では完形の瓦塔(東京国立博物館所蔵)が出土した東村山市No.2遺跡のほか、平安時代の池状遺構も見られる。古代には官道である東山道武蔵路の道筋が南北に比定されている。

平安後期には狭山丘陵に武蔵七党の村山党が進出し、一族は鎌倉幕府の御家人となった。鎌倉時代には鎌倉街道の上道が通り久米川宿を中心とする宿場として栄え、日蓮は佐渡島に流刑される際に当宿に宿泊している。鎌倉末期には武蔵野台地を舞台に新田義貞率いる倒幕軍と幕軍の間で一連の合戦が起こり、市域では久米川の戦いが起きている。また、幕府滅亡後に成立した建武の新政に対して北条残党が蜂起した中先代の乱における合戦も起こっている。戦国期には相模国の戦国大名である後北条氏の領国に含まれ、後北条領国では川越街道が整備されたため、相対的に鎌倉街道の重要性は薄れる。

江戸時代は幕府直轄領となり、武蔵野台地の開拓が進む。また、尾張徳川家の設置した鷹場にも含まれる。明治維新後には野口村・廻田村・久米川村・南秋津村の各村は韮山県、次いで品川県の所属となり、1872年(明治5年)に神奈川県多摩郡の所属となった。1878年(明治11年)には郡区町村編制法により多摩郡北部が北多摩郡となり、1880年(明治13年)には埼玉県入間郡に属していた大岱村も北多摩郡に編入となった。

1889年4月1日の町村制施行の際に、北多摩郡野口村・廻田村・大岱村・久米川村・南秋津村が合併して東村山村(ひがしむらやまむら)となった。村名は、この一帯を村山郷といい、村域がその東部にあったことによるものである(山形県村山市や同じ東京都にある武蔵村山市との同名回避ではなく、隣接の東久留米市や東大和市、埼玉県東松山市などとは命名の由来が異なる)。

1894年以来2社8線9駅の鉄道が市内に通じ、古道以来の交通の要衝であったところに近代には周辺村からの人の流れと物資の集積地としての機能が発生し、鉄道開通による宅地化が進むなかで、現在の栄町一帯は西武新宿線開通後、東京都内の沿線では田無に次ぐ商業地域となっていく。

1942年4月1日に東村山町(ひがしむらやままち)となった。この段階では、東京都内の隣接自治体で最も早い町制であった。

1964年4月1日に東村山市となった。市制と同時に現在の各町が設置され、前後して富士見町に私立中学高校が複数開校し、1967年には新青梅街道、1973年には武蔵野線が開通し、ベッドタウンとして開発が進められ、都営住宅や団地、官公庁住宅の整備が行われ、現在の市の姿となる。駅および住宅地に隣接した商店街のほか、イトーヨーカ堂東村山店や西友久米川店などの大規模商業店舗が一部の駅周辺にある。

市内に本社を置く企業としては、銀河鉄道など。

当市は革新市政になったことはないものの、市役所では長らく市職労(自治労)の影響力が強く、公明党や日本共産党も強い地盤を持っている。このため、1990年代まで公務員のラスパイレス指数は非常に高く、東京都日野市・武蔵野市・福生市・小金井市や大阪府箕面市・岸和田市などとともに全国自治体の最上位であった。高水準の給与は2000年代に入ると是正され、現在は平均的水準に抑えられている。
ベッドタウン開発が着手される前は、農家と富豪の邸宅が若干存在していたことを除き、全域が雑木林で占められていたため、その土地柄を活かして結核患者を対象とした診療所が多く点在していた。このうち、八国山緑地の麓にあった診療所は『となりのトトロ』作中にも出てきている。なお、現在市内に存在する総合病院は、すべてその診療所の跡地に建設されている。

 【東京都東村山市の不動産鑑定評価・相続税申告・相続税還付・広大地判定に関するお問合せは、神奈川鑑定(横浜市戸塚区)】TOPページへ