調布市の不動産鑑定のご相談は神奈川鑑定の不動産鑑定士が承ります。

調布市の不動産鑑定のご相談は神奈川鑑定の不動産鑑定士が承ります。調布市は、不動産鑑定士の神奈川鑑定(通話料無料フリーダイヤル0120-554-574:横浜市)の不動産鑑定評価業務、相続税申告、相続税還付サポート業務、財産評価基本通達24-4に関する広大地判定業務における営業最重要都市の一つである。東京都の多摩地域に位置する市で、多摩北部に区分される。東京都のほぼ中央、多摩地域の南東部に位置し、都心へ約20キロメートルの距離にある。地質学的に言うと、調布市は武蔵野台地と多摩川低地によって構成されており、武蔵野台地部分は更に武蔵野U面と立川T面に分けられる。武蔵野U面と立川T面の間には国分寺崖線が存在しており、立川T面と多摩川低地の間には府中崖線が存在している。国分寺崖線の比高はおよそ12メートルである。
都心に近く住環境の整った住宅地である。市域の形は「自由の女神」と呼ばれる。すなわち、北西部がたいまつを持つ右手、深大寺地区が頭部、北東部が独立宣言書を持つ左手に見立てている。また「ひとこぶらくだ」「おばけ」「ガッツポーズ」など諸説ある。調布という名称は昔の税金である租庸調の調(その土地の特産物を納める)で布を納めていたことに由来する。そのため以前は当地の他にも都内に幾つかの「調布」地名があった。田園調布は元は荏原郡調布村(のちの東調布町)であり、小泉八雲の雪女の調布は西多摩郡調布村(現在の青梅市長渕地区)にあった。(南多摩郡にあって現在の八王子市という説もある。)調布と書いて「たづくり」もしくは「てづくり」とも読んでいた(調布市の総合文化施設の名称が「たづくり」なのもそれに由来する)。調布市内には布田(ふだ)、染地(そめち)など布にかかわる地名が存在する。江戸時代までは多摩川で布をさらしていた記録が残っている。 「多摩川にさらすてづくりさらさらに何ぞこの児のここだ愛(かな)しき」という万葉集の歌が布多天神社に残っている。(玉川の項を参照) 金子、神代などははるか昔の渡来人に由来したものであると言われている(狛江なども)。当市は東京都の中心部に位置している。 鉄道を使用すると調布駅から新宿へ16分(日中特急使用)で到着する。路線バスは調布駅を中心に整備されており、中央線吉祥寺、三鷹駅行を主に中央線吉祥寺、三鷹、武蔵小金井駅へのバス路線及び調布市内及び隣接市・区を終着とするバス路線が整備されている。調布駅は成田・羽田両空港からの直通リムジンバスも停車しており、コミュニティバスも調布駅から飛田給駅及び柴崎折返場行(他に仙川駅発着もある)が運転されている。調布飛行場跡地の開発に伴い、飛田給駅北口が再開発され飛田給駅始発のバス路線が整備された。調布駅(旧駅舎)京王電鉄 新宿から京王八王子・高尾山口・橋本を結ぶ。市内にある駅はすべて京王電鉄の駅である。
京王線:仙川駅 - つつじヶ丘駅 - 柴崎駅 - 国領駅 - 布田駅 - 調布駅 - 西調布駅 - 飛田給駅
京王相模原線:調布駅 - 京王多摩川駅
都営新宿線 京王線と相互直通運転を行っている。東京を東西に千葉県市川市の本八幡駅まで延びている。
このほか、市内に駅は無いが西武多摩川線が市の北西、境界部をわずかにかすめている(東八道路の付近)。 また、狛江市と世田谷区内の小田急線、三鷹市内のJR中央線、稲城市の矢野口駅からJR南武線が利用できる。

 【東京都調布市の簡易版不動産鑑定・相続税・広大地判定に関するお問合せは、神奈川鑑定(横浜市戸塚区)】TOPページへ