借地権の不動産鑑定評価で、「借地権取引の成熟度の低さ」として、土地の個別的要因で考慮している(借地権価格形成要因である)。

借地権の不動産鑑定評価で、「借地権取引の成熟度の低さ」として、土地の個別的要因で考慮している(借地権価格形成要因である)との指摘です。借地権の取引事例は極めて少なく、表に出てこないこともあることから、借地権の取引事例比較法を適用出来るケースは極めて稀かと思います。とはいえ、借地権の事例が収集出来れば適用可能となりますので、その場合は、近隣地域内の基準地借地権、即ち標準借地権の更地価格形成要因(地域要因及び個別的要因)と事例借地権の更地価格形成要因(地域要因及び個別的要因)並びに標準借地権と事例借地権の借地権価格形成要因(地域要因及び個別的要因)とを比較して、標準借地権価格を求め、これに対象借地権の更地価格形成要因(地域要因及び個別的要因)の格差率を乗じ、その後に対象借地権の価格形成要因の格差率を乗じることとなります。指摘の「借地権取引の成熟度の低さ」は借地権価格形成要因の中の地域要因とされておりますので、土地即ち更地の個別的要因で考慮するのは間違いと言うこととなります。但し、借地権取引の成熟度が低い地域で借地権の取引事例を収集出来るのかと言う問題があります。