不動産鑑定評価書記載の取引事例、公示価格の時点が古い。

不動産鑑定評価書記載の取引事例、公示価格の時点が古いとの指摘です。実務的には取引事例収集の難易度が存在します。商業地や大規模画地、市街化調整区域、借地権、底地等の取引事例は収集が難しいものです。従って、ある程度古いものも利用せざるを得ない場合があります。但し、公示価格の時点が古いという指摘は、よく分かりません。地価公示は毎年1月1日現在の価格、地価調査は毎年7月1日現在の価格となりますので、現在時点の鑑定評価であれば、その時点に最も近い公示もしくは基準地価格を利用出来るかと思います。