いずれの不動産鑑定評価において、土地価格の比準の幅が大きいにもかかわらず、安易に中庸値を採用しており、もう少し説明が欲しい。

いずれの不動産鑑定評価において、土地価格の比準の幅が大きいにもかかわらず、安易に中庸値を採用しており、もう少し説明が欲しいとの指摘です。実務をされている方なら、耳が痛い指摘だと思います。取引事例比較法は取引事例があれば、いずれの不動産鑑定評価でも適用する手法ですが、頻繁に土地取引があり、いわゆる相場が形成されている地域と、取引自体が少なく、あっても当事者の言い値で成立している事例が多い地域とがあり、後者の場合の比準価格算出に苦労します。つまり、不動産鑑定評価基準でいうところの限定価格に類似した取引とも言えるかと思います。確かに不動産鑑定評価基準は理論的ではありますが、現実は必ずしも理論通りに市場が成立している訳ではありませんので、価格幅が大きくなるのはある意味正常とも言えるかと思います。むしろ、環境条件で何でも調整するという傾向の方が、個人的には問題があるようにも思えます。